農機具買取にトラクター侍が選ばれる5つの理由


農機具買取と一口に言ってもどこに依頼すればよいのか迷うことありませんか。農機具は車と違ってそんなに頻繁に買い替えるものではありませんし、いざ手放すとなるとどこに頼めばいいのかわからない…とおっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。今回は農機具買取専門店として兵庫県で活躍するトラクター侍が選ばれる理由を大きく5つにわけて、わかりやすくご紹介していきます。

農機具買取にトラクター侍が選ばれる5つの理由

  1. 農機具屋やリサイクルショップよりコストダウンできるから
  2. 独自の販売ルートで海外へ輸出、または国内での販売が可能だから
  3. 買取歴20年以上のプロが直接目で見て査定できるから
  4. 倉庫の片付けや穀物乾燥機の引取りにも対応できるから
  5. 多くのリーピーターやお客様の紹介による依頼が多いから

1. 農機具店やリサイクルショップよりコストダウンできるから

新車、中古車を問わず農機具を買い替える場合は、メーカーや農機具屋などでの下取りが一般的です。下取りは中古農機具の査定から搬出、新車の納車までがスムーズで、手続きの手間が省略できるなどのメリットがあります。しかし、一般的な農機具屋は中古農機具を販売するルートが限られるため、年式の新しいトラクターや一部の人気メーカーを除いて、市場価値の低い農機具は下取りの価格も低くなると言われています。

一方、農業を引退するなどの理由で農機具が不要になった場合は処分を検討しなくてはなりません。残念ながら農機具は小型の耕運機なども含め、バッテリーやエンジンを搭載しており危険で、分解するには専門的な知識や技術が必要なため、自治体の粗大ごみとして出すことができません。

では、個人で農機具を処分するにはどうすればよいでしょうか。リサイクルショップなどの不用品回収業者に依頼する方法があります。実際に農機具を買い取ってくれるリサイクルショップはありますが、農機具を専門的に扱っている所は少ないため、買取価格を安く叩かれたり、逆に高額な処分費用や作業費用、引取運賃を請求されるケースもあるようです。

農機具買取専門のトラクター侍では処分費用や作業費用、引取運賃など買取にかかる費用をコストダウンすることができます。上記で述べた農機具屋やリサイクルショップと違い、農機具を専門に取り扱っており、独自の販売ルートを持つからこそ実現できるのです。壊れていても、動かなくても、さらにいうと40年前のトラクターでも買い取ることが可能です。場合によっては買取が不可能なこともありますが、そのような場合は無料で引き取らせていただきます。独自の販売ルートを持つ買取専門店だからこそ、買取時に発生するコストを徹底的に下げることが可能になります。

2. 独自の販売ルートで海外へ輸出、または国内での販売が可能だから

トラクター侍は農機具買取専門店です。農機具であればどんなものでも買取もしくは引取が可能です。古くても壊れていても、農機具であればどんな状態のものでも買取対象になるのが、農機具買取専門店の最大の強みであると自負しています。

なぜ一般的な農機具店やリサイクルショップが買い取れないようなものでも買い取れるのかというと、先ほども述べたように独自の販売ルートがあるからです。国内で再販できるものは中古農機具として販売しますし、国内で商品価値の低い農機具は海外へ輸出することが可能です。

輸出先はアジアに限らず、北米、ヨーロッパ、アフリカなどでも日本メーカーの農機具はいまだに根強い人気があり、国や地域によって多種多様な需要があります。壊れた農機具でも部品としての価値が十分にあり需要もあるので、トラクター侍では幅広い農機具を対象に取り扱っています。

3. 買取歴20年以上のプロが直接目で見て査定できるから

昨今の中古農機具の買取市場でも、インターネットを使って簡単に売買できるようになりました。農機具を売りたい人が、メーカーや型式などの情報を入力すると、即座に見積りがわかる便利なシステムが普及しました。

確かにユーザーにとってもわざわざ電話をして買取に来てもらう手間が省けますし、農機具の相場を知るには非常に便利な機能です。しかし、実物を見ずに査定されることに抵抗を感じる方も少なくないのではないでしょうか。査定価格への不安や、手数料や輸送費の心配もあることでしょう。

その点、トラクター侍は兵庫県(近隣の他府県も応相談)を中心に見積りの段階から実際に現地に足を運び、買取歴20年以上のプロが直接目で商品を見て査定を行っています。トラクター侍が実物査定にこだわるのは、買取金額がメーカーや型式だけで決められるものではなく、錆の有無やエンジンの状態などのコンディションを含めて総合的に判断を行うからです。

実物を見ずにメーカーや型式だけで金額を提示する手法は、業界そのものの信頼価値を著しく損なうのではないかと私たちは危惧しています。だからこそお客様には、実物を拝見し、適正価格で買取金額を提示してくれる信頼のおける業者を選んでいただきたいと思います。

トラクター侍では実物を拝見したうえでお客様と直接価格交渉を行い、納得していただいて初めて商談成立となります。仮に査定価格にご納得いただけない場合はその場でお断りいただいても結構です。農機具の見積り、作業費用、引取料、引取運賃などはすべて無料なので安心してご利用いただけます。

4. 倉庫の片付けや穀物乾燥機の引取りにも対応できるから

トラクター侍は、これまで農業を引退される多くの方とお取引をさせて頂いてきました。離農して農機具を手放したらそれで終わり…と思われるかもしれませんが、私たちは離農された方の多くが農機具の処分以外にも悩みを抱えられていることに気が付きました。

例えば、「農機具や農業用資材を収納している倉庫の中を片付けたい。」あるいは、「田んぼを辞めて農機具は手放したが、穀物乾燥機を引き取ってもらえるところがなく処分に困っている…。」などなど。

トラクター侍では、少しでもこうした悩みに応えようと一般的な農機具屋やリサイクルショップで行っていない、農業用倉庫の片付けや穀物乾燥機の解体・引取等のサービスにも力を入れています。農家さんの悩みに寄り添い、一緒に解決できるのも、トラクター侍が選ばれる理由の一つだと思っております。

5. 多くのリーピーターやお客様の紹介による依頼が多いから

前述したように、トラクター侍で農機具を売却してくださったお客様が、「倉庫の片付けも頼むわ~。」とか、「他の農機具も引き取って。」とか、「乾燥機の撤去をお願いできないか。」などと依頼されることがよくあります。

トラクター侍が多くのリピーターの方に支えられているのも事実です。また、農家仲間の方から聞いてトラクター侍を選んでくださった方々も多数いらっしゃいます。実際に、トラクター侍を利用して下さるお客様の4人に1人がリピーターや紹介のお客様で、まさに経営者冥利に尽きます。

こうしたお客様のありがたい行動は、例えば、「お気に入りのお店を誰かに教えたくなる心理」と共通しているところがあると思います。お店の雰囲気や自分が受けたサービスが良かったなど、よい体験をしたら、「また利用したい。」と思ったり、誰かと共有したという経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか。

トラクター侍はまだまだ小さな農機具買取専門店ですが、まだトラクター侍を知らない方にぜひその良さを知っていただき、さらにトラクター侍の存在を多くの人に広めていただければと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。トラクターを手放す際にどのような業者を選ぶかで商品の査定価格が異なることがお分かりいただけたのではないでしょうか。お客様が大切にされてきた農機具を「少しでも価値ある価格にしたい」との思いで実物査定、現地査定にこだわってきました。農機具買取をきっかけにその後のお手伝いもぜひトラクター侍にお任せください!!

The following two tabs change content below.

トラクター侍

トラクター・農機具買取専門店です。海外へ販売いたしますので、40年前のトラクターも買取対象です!農機具販売店が買わないようなトラクターの買取をおこなっております。コンディションやメーカーを問いません。エンジンが焼き付いていても、ミッションが壊れていても、水没していても買い取れます。農機具店へお金を払って処分する前にお問合せください。

店舗案内

店名:トラクター侍

姫路店
住所:670-0887
兵庫県姫路市北平野南の町1-17

電話:079-260-6626

加西店
電話:0790-20-7470

豊岡店
電話:0796-20-5073

丹波店
電話:0795-80-4022

朝来店
電話:0773-38-0008

ウェブサイト:

営業日時:月~土 9:00~17:00

主な事業内容
・トラクター買取
・農業用倉庫片付け
トラクター1台でも無料訪問見積いたします

高価買取度:★★★★

兵庫県全域
姫路市加西市加古川市丹波市篠山市加東市小野市たつの市豊岡市朝来市

京都府北部
福知山市京丹波市綾部市京丹後市舞鶴市宮津市

SNS